感想:書籍『あるがままに』(著者:笠智衆 ほか)

書籍『あるがままに』(著者:笠智衆 ほか)

いいなぁ。

書籍『あるがままに』(著者:笠智衆 ほか)読了。

笠智衆さんが、1992年に、米寿記念で出版された最後の著書。

本書出版の翌年1993年に、逝去。

前半は笠智衆さん執筆の思い出話。

後半は笠智衆さんとゆかりのある方々24名による笠智衆さんとの思い出話集。

さらに多角的に笠智衆さんを垣間見ることができました。

感想です。

多角的に笠智衆さんを垣間見る

これまでの2冊の著書『小津安二郎先生の思い出』と『俳優になろうか』は、笠智衆さんご自身の執筆。

文庫本「小津安二郎先生の思い出」著者 笠智衆【感想】「小津安二郎先生の思い出」(著者:笠智衆) 書籍『俳優になろうか』(著者:笠智衆)感想:書籍『俳優になろうか』(著者:笠智衆)

3冊目の本書も、前半は笠智衆さんご自身の執筆での思い出話ですが、
後半は、笠智衆さんとご縁のあった24名による笠智衆さんとの思い出話集です。

これが、本書の独自な点です。

1904年(明治37年)生まれの笠智衆さん。

1925年(大正14年)に、松竹キネマ蒲田撮影所・俳優研究所第一期の研究生となり、同年、撮影所の正社員となって、俳優業を開始。

その後、六十数年で、350本以上の映画やテレビドラマに出演。

大正、昭和、平成の3時代での笠智衆さんの俳優人生は、まさに、日本映画史。

またまたこんなことになってしまいました。ものを書いたり、話したりするのは、僕のいちばん不得手なことと思っていたのですが・・・・・・。
編集部の佐藤良和さんがぶ厚い資料を持っておいでになり、
「笠さんの役者人生は、そのまま日本の映画史に通じます。笠さんの思い出と同時代を生きた人々の証言で綴れば、もうひとつの違った側面からの”日本映画の本”がやれるのでは・・・・・・」
とのおだてに、ついついその気になってしまったのです。

書籍『あるがままに』あとがき

笠智衆さんの思い出と、笠智衆さんと同時代を生きた24名の皆さんの証言。

三宅邦子さん
杉村春子さん
大庭秀雄さん
山内明さん
川又昂さん
津島恵子さん
三國連太郎さん
津川雅彦さん
岩下志麻さん
倍賞千恵子さん
吉永小百合さん
岡本喜八さん
中井貴一さん
井川比佐志さん
熊井啓さん
淀川長治さん
山田太一さん
倉本聰さん
川本三郎さん
山田洋次さん
山内静夫さん
田山力哉さん
佐藤忠男さん

貴重な思い出話、逸話の数々。

読み入ります。

笠智衆さんを多角的に垣間見ることができました。

貴重な一冊です。

関連外部リンク

高橋典幸
高橋典幸

笠智衆さん、やはり好きな俳優さんだなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。