映画「アトミック・ブロンド」(+R15)を立川シネマシティの極上爆音上映で観ました

せっかく立川までいくので、極上爆音上映作品をいくつか体感しようと選んだ作品のひとつが映画「アトミック・ブロンド」です。映画「マトリックス 怒りのデスロード」で女戦士フュリオサを演じたシャーリーズ・セロンを観てみたくてのみです。ストーリーも前知識もまったく知らない状態で鑑賞しました。

映画「アトミック・ブロンド」

映画「アトミック・ブロンド」

雨の立川シネマシティの極上爆音上映鑑賞

雨の立川で映画「アトミック・ブロンド」」

雨の立川で映画「アトミック・ブロンド」」

物語

1989年、東西冷戦末期のベルリン。世界情勢に多大な影響を及ぼす極秘情報が記載されたリストが奪われた。イギリス秘密情報部 MI6 は凄腕の女性エージェント、ローレン・ブロートンにリスト奪還を命じる。ベルリンに潜入中のエージェント、デヴィッド・パーシャルとタッグを組み任務を遂行するローレン。彼女には、リスト紛失に関与したMI6内の二重スパイ、”サッチェル”を見つけ出すという、もう1つのミッションがあった。リストを狙いベルリンに集結する世界各国のスパイ。誰が味方で誰が敵なのかわからなくなる状況下、ローレンと世界の運命は?
出典)映画「アトミック・ブロンド」公式サイト」

予告編


劇場パンフレット

劇中、ん?この人は誰だっけ?となった登場人物が何人かいたので、鑑賞後に読んで、そうだったのかと。

劇場パンフレット 映画「アトミック・ブロンド」

劇場パンフレット 映画「アトミック・ブロンド」

感想

高橋典幸

だましだまされの連続で心身ともにエネルギーを要する物語でした。世の中には、先の先を見据えて、気になる人物のふところにはしっかり入っていきながら、必要とあらば身近な人をだましてでも、組織や自分の目的を達成しようとしたり、自身の保身に走る人間はこの世知辛い世のかにはえげつないほどにいるんだろうなあ。。なんてことを考えながら見てました。シャーリーズ・セロン、そして、極上爆音上映、お見事でした。物語はポップな感じで進行する作品です。

関連外部リンク

参考

映画『アトミック・ブロンド』公式サイト

参考

立川シネマシティ公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です