感想15:映画『セブンガールズ』を下北沢トリウッドにて鑑賞。上映後、デビッド・宮原監督、広田あきほさん(郁子)、織田稚成さん(新崎)による録音・動画撮影厳禁のネタバレ全開トーク #セブンガールズ

感想15:映画『セブンガールズ』鑑賞。上映後、対談イベント。デビッド・宮原さん(監督)×広田あきほさん(郁子役)×織田稚成さん(新垣役) #セブンガールズ

映画「セブンガールズ」を下北沢トリウッドで鑑賞。

今夜で鑑賞13回目。下北沢トリウッドは、はじめて伺いました。

スクリーンの映像が鮮明でキレイ。これ驚きました。

今日の映画『セブンガールズ』

今夜の鑑賞中

上映後トークイベントに登壇される郁子と新崎の二人に注目。お二人が登場するシーンは、どんなにすみっこのセリフのないシーンでも、お二人のみを観てました。

上映後トークイベント 

デビッド・宮原さん(監督・脚本)

脚本は楽譜。一般的な台本の物語構成といつも違う。それでいいと云われて楽になった。日本語は他諸国からは音楽のメロディやリズムに聞こえる。日本語の台詞の物語を楽譜にのせる。 

広田あきほさん(郁子)

原宿シカゴ下北沢店とのコラボでグリーンのスカジャンに帽子、メガネなし、かっこ可愛い。
過去の舞台で監督の様々な台本と向き合っていたが、ある時、この台本って楽譜なのでは気づく瞬間があった。この楽譜を弾けるようになりたいという感覚だった。郁子はジャズ。 

織田稚成さん(新崎)

原宿シカゴ下北沢店とのコラボでどのような衣装で登場されるかと密かに興味津々でしたが、まさかの劇中衣装!斬新!だがしかし、このような服も店の一番奥のコーナーにあったなぁと。
バンドマンとしてはじめてライブをした場所が下北沢。役者として舞台に立つことが多かった劇場も下北沢。そんな思い出深い下北沢でみんなで創り上げ出演した映画を上映できることは感慨深い。 

小野寺隆一さん(成瀬)

記録用写真撮影のカメラマンとしてこられていました。

映画「セブンガールズ」公式 2/3 イベントレポ

トークイベント終了後のロビー

今夜は皆さんに挨拶して握手をしました。

そして写真撮影をお願いしました。皆さん優しかったです。上映後のロビーで役者の皆さんに写真撮影をお願いしたのは、今夜がはじめてでした。

お客さんの藤さんからステッカーと名古屋シネマテークのフライヤーをいただきました。

お客さんのダースさんからは、名古屋の和菓子なごやんとひよこをいただきました。まさかの同じ味だと評判とのこと。食べるの楽しみです。

お二方とは、お話するのははじめてでした。お返しするものがを何も持っていなくて恐縮でございます。プレゼントありがとうございます。

今夜嬉しかったこと

トークイベント中、拍手をできたことと、笑ったり声を出したりできたこと。ビデオ録画NGでしたのでできました。良いですね。

今夜も素敵なひとときとなりました。

https://blogs.takahashinoriyuki.com/wp-content/uploads/2017/09/favicon-196x196.png
高橋典幸

ロビーで役者の皆さんに「写真とってもいいですか」と声をかけてスマホで写真を撮影させていただいたのは初めてでした。ありがとうございます。

映画『セブンガールズ』鑑賞時のSNS投稿

View this post on Instagram

映画「セブンガールズ」を下北沢トリウッドで鑑賞。今夜で13回目。下北沢トリウッドは、はじめて伺いました。スクリーンの映像が鮮明でキレイ。これ驚きました。 今夜の鑑賞中 上映後トークイベントに登壇される郁子と新崎の二人に注目。お二人が登場するシーンは、どんなにすみっこのセリフのないシーンでも、お二人のみを観てました。 上映後トークイベント。 デビッド・宮原さん 脚本は楽譜。一般的な台本の物語構成といつも違う。それでいいと云われて楽になった。日本語は他諸国からは音楽のメロディやリズムに聞こえる。日本語の台詞の物語を楽譜にのせる。 広田あきほさん(郁子) 原宿シカゴ下北沢店とのコラボでグリーンのスカジャンに帽子、メガネなし、かっこ可愛い。 過去の舞台で監督の様々な台本と向き合っていたが、ある時、この台本って楽譜なのでは気づく瞬間があった。この楽譜を弾けるようになりたいという感覚だった。郁子はジャズ。 織田稚成さん(新崎) 原宿シカゴ下北沢店とのコラボでどのような衣装で登場されるかと密かに興味津々でしたが、まさかの劇中衣装!斬新!だがしかし、このような服も店の一番奥のコーナーにあったなぁと。 バンドマンとしてはじめてライブをした場所が下北沢。役者として舞台に立つことが多かった劇場も下北沢。そんな思い出深い下北沢でみんなで創り上げ出演した映画を上映できることは感慨深い。 トークイベント終了後のロビー。 今夜は皆さんに挨拶して握手をしました。そして写真撮影をお願いしました。皆さん優しかったです。 藤さんからステッカーと名古屋シネマテークのフライヤーをいただきました。 ダースさんからは、名古屋の和菓子なごやんとひよこをいただきました。まさかの同じ味だと評判とのこと。食べるの楽しみです。 お二方とは、お話するのははじめてでした。お返しするものがを何も持っていなくて恐縮でございます。プレゼントありがとうございます。 それと今夜嬉しかったこと。 それは、トークイベント中、拍手をできたことと、笑ったり声を出したりできたこと。ビデオ録画NGでしたのでできました。良いですね。 今夜も素敵なひとときとなりました。 #セブンガールズ #下北沢トリウッド #下北沢 #映画 #下北沢 #デビッド宮原 #広田あきほ #織田稚成 #原宿シカゴ下北沢店 #原宿シカゴ

A post shared by 高橋典幸 (@takahashinoriyuki) on

写真10枚
View this post on Instagram

鶏そば そると

A post shared by 高橋典幸 (@takahashinoriyuki) on

映画『セブンガールズ』予告編&PV

予告編

PV 客が取れない娼婦 郁子(広田あきほ)

映画『セブンガールズ』主題歌「星がいっぱいでも」ダンス:広田あきほ(郁子)と皆さん

映画『セブンガールズ』主題歌「星がいっぱいでも」他劇中曲ピアノメドレー 演奏:広田あきほ

PV 恋愛すら贅沢品だったパンパンを愛した男たち コノを愛した帰還兵 新崎(織田稚成) 真知の風来坊の恋人 成瀬(小野寺隆一)

映画「セブンガールズ」主題歌「星がいっぱいでも」歌・演奏:広田あきほ & 織田稚成

関連外部リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です